海外に強い弁護士と日系企業に関するメリット

何周年記念などの局面で、日系企業と取引をする事もたまにあります。それで取引がスムーズに進めば良いですが、たまに海外に関する法律の確認が必要になる事があります。日本とはルールが色々異なりますから、困惑する事も多いです。海外支社などを設立する場合、現地のルールに合わせる必要があります。日本のルールは、海外支社には適応が難しいでしょう。それで何とかしたいと思う企業担当者も、多く見られます。

そういった局面で弁護士が活躍してくれるケースも、しばしばあるのです。どこか弁護士と、コネを持っておくと良いでしょう。というのも弁護士に話をしてみると、明確な回答を得られるケースも多々あります。自社だけではなかなか解決が難しかった案件も、かなり速やかに解決策が提示されるケースも多いのです。

ただし弁護士とのコネを構築する前に、専門分野は確認しておく方が無難です。少なくとも海外に得意弁護士を選ぶのが、一番良いでしょう。

 

会社員の不正について

会社を経営している人はお金も大事にはなってきますが、それよりも大事なのが働いてくれている会社員や従業員さんです。信頼しているとも思いますしその働きで最短で利益をだすことができたりいい商品ができるのも従業員さんのおかげです。

しかしそこで一番信頼している会社員や従業員さんが会社のお金を不正に悪用していた場合はショックなことですがちゃんとした後始末をしなければなりません。まずどれぐらいのお金を使ってしまったのかや警察にいうのか会社内で解決をするのかなど話をしなければならないことになります。

警察に突き出すことは簡単かもしれませんが損害が大きいほど刑務所に入って返済ができなくなることになります。借入をさせて返済をさせたり複合的に何がいいのかを損害の面も含めて考えていかないと他の従業員さんの給料などにも影響する可能性があります。経営者として答えをすぐにださないといけない、そして判断が的確であるべきなのです。

 

多重債務顧客がターゲットのおまとめローン

銀行などの金融機関は、融資拡大のため、さまざまな観点から商品を出してきます。保有顧客をマップして、預金保有者などへ投資商品を提供したりするケースもありますが、多重債務顧客向けへの商品展開もあります。その代表的なものが、おまとめローンという商品です。

簡単に言うと、他社で借入している多重債務者顧客を自社へ引き入れ、利息で収益を上げるというものです。他社へ払っている利息が、安くなれば多重債務者顧客としてはメリットがありますし、多重債務者顧客を獲得した銀行側へも収益メリットがあります。

しかし、多重債務顧客ということもあり、銀行の審査も少し厳しくなります。勤め先への在籍確認はもちろんのこと、所有不動産があれば抵当を付けることもあります。また、金額が大きくなる場合は、連帯保証人を付けるなどして、様々なリスク対策を行っています。

このように、金融機関は債務者も顧客として取り入れるための仕組みを作っています。うらを返すとそれだけ、顧客獲得の競争が厳しいということでしょう。